AGAになる主な原因はコレ

AGAの原因となる加齢

AGAになってしまう原因としては加齢があります。人間の身体はある程度の年齢を過ぎると肌や内臓、筋肉、その他いろいろな部位に衰えが出てくるものです。当然頭皮も衰えがやってきてしまいます。

 

AGAにはいろいろな原因が考えられますが、元をたどれば加齢が一番の原因となってしまいます。AGAになる原因には頭皮ケア不足、皮脂の過剰分泌、栄養不足などいろいろな原因がありますが、20歳くらいの方は、たとえ毎日シャンプーをしなくても、皮脂が分泌しても、レトルト食品ばかり食べていたとしてもすぐにAGAが発症する事はないでしょう。そして、年齢を重ねるに従ってAGAの状況は悪くなっていくものです。

 

また、AGAになってしまう原因自体も加齢によって引き起こされることも多いのです。皮脂の過剰分泌も年齢が高くなる事で起こってくるものですし、血行不良も加齢により血管の弾力が低下して流れが悪くなるということもあります。肥満もAGAの原因とされていますが、これすらも年齢が高くなる事によって基礎代謝が低下してしまい、太りやすくなってしまうのです。極端に言えば、加齢により疲れやすくなって、毎日のヘアケアもしんどくなる、ということもあるのです。

 

ただ、加齢が原因でAGAになるのだから仕方がない、と諦めてはいけません。加齢による衰えはあっても、対策次第ではその悪状況を回避もしくは緩和する事も出来ます。つまり、何もしなければ30歳でAGAになって薄毛になってしまうところを、しっかりケアすればそれが35歳まで引き延ばす事もできるのです。加齢はどう仕様もありませんが、それをいかに髪へ影響を与えないようにするのかが大事なのです。

ケア不足

AGAになる主な原因の一つとしては、ケア不足があります。何も髪の毛、頭皮に限った事ではありませんが、やはりしっかりとケアをしないと、状況は悪くなってしまいます。

 

女性ならば、シワやシミができないように毎日のようにスキンケアをすることでしょう。外出する際には紫外線を防ぐ対策もします。時には高価な美顔器を使ったりエステティックサロンに行ってフェイシャルエステをするものです。それにより、若々しさをキープできるものです。ですが、頭皮に関してはどうでしょう。やるのはシャンプーくらいのもので、後は何もしないという方も多いでしょう。

 

トリートメントはする、とはいってもトリートメントはあくまで髪の毛に良いもので頭皮に対してのものではないのです。紫外線だって男性ならほとんどがもろに浴びていることでしょう。そんな状態では頭皮環境が悪くなり薄毛になるのも当然でしょう。

 

よく、頭皮と髪の毛に関しては、植物と大地に例えられます。荒れ果てた大地に植物が生えないのと一緒で、頭皮も荒れ果ていれば髪の毛は育ちません。逆にしっかりと大地を耕して水分を与え、そして肥料を与えて上げれば植物は元気に育つので、頭皮も綺麗にして、マッサージで耕し、栄養を与えれば育つというわけです。

 

特に男性は女性よりも頭皮ケアをしない傾向にあります。シャンプーしかしない、しかもシャンプーも自宅に合ったものを使う、時にはシャンプーすらしない、となれば毛根が皮脂や老廃物などで詰まってしまいAGAの症状が出てくるのです。

栄養不足

AGAになる主な原因としては栄養不足があります。髪の毛自体は死んだ細胞と言われますが、育てるのは毛根にある毛母細胞です。

 

その細胞が活発に活動し、細胞分裂をしていけばどんどん健康的な髪の毛が育ってくるというわけです。その毛母細胞が活発に働くためには栄養が必要になるわけです。ここでいう栄養不足は、食事等による身体の内部からの栄養もありますし、育毛剤などによる頭皮表面からの栄養もあります。特に身体の内部からの栄養不足がもろにAGAに関係してくると言われます。

 

飽食の時代と言われる昨今で栄養不足なんてあるのか、と思うかもしれません。確かにどこにも食材があふれているこの時代に栄養失調で倒れてしまう、ましてや亡くなってしまうという方はほとんどいないでしょう。ですが、生命を維持する栄養は得られていても、身体が健康でいられるほどの栄養が摂れている人は多くありません。

 

最近はインスタント食品やレトルト食品がたくさん出ていることもあり、それを頻繁に食べているとやはり栄養は充分に摂れないのです。もちろん先述のようにそれで倒れることはまずないですが、身体のどこかには弊害が出てくるのです。少ない栄養から命を守る器官などに栄養が届けられるので、直接命に関係のない部分には栄養がうまくいきわたらないのです。

 

それがまさに髪の毛です。髪は女性の命、なんて言われますが、現実的には髪の成長をストップしてでも命を守るほうを身体が勝手に優先するのです。そのため、栄養が足りていないと、AGAが進行しやすくなってしまうのです。

血行不良

AGAになる主な原因としては、血行不良も関係しています。AGAと血行不良はあまり深い関係はないのでは?と思うかもしれません。ですが、実はこれこそ密接な関係があるのです。

 

AGAの原因としては栄養不足も関係しています。栄養が充分に毛母細胞に届けられないために元気な髪の毛が製造されないというわけです。ただ、人によっては十分な栄養を摂取しているのにAGAになってしまうという方もいます。実はそれは血行不良によるものもあるのです。

 

毛母細胞に栄養を届けるのは、血液です。血液により栄養が運ばれるわけですから、血行不良になるとその栄養が十分に届けられない、ということなのです。飽食の時代、栄養の摂り過ぎで肥満になってしまう事は多いですが、栄養不足になる事は少ないでしょう。ですので、AGAの原因は栄養不足というよりも、栄養は摂取出来ていても毛母細胞まで届ける血管に問題があって届けられないことが原因になってしまうのです。

 

育毛剤などには血行促進する効果がある成分を多く含まれていますし、よりAGAに高い効果が期待できるミノキシジルなどは血管拡張効果があるために血行がよくなり薄毛の解消になるというものなのです。ですので、どれだけ血行不良がAGAの原因になっているのかがわかるでしょう。

 

また、血行不良はAGAだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞等を引き起こす原因にもなっています。AGAに関しては直接命にかかわることではないのでまだいいですが、血行不良により命にかかわる重篤な病気を引き起こすことはあります。ですので、AGAのためというよりも健康維持のために血行不良は回復するようにしましょう。

皮脂の過剰分泌

AGAになってしまう原因の一つとしては、毛穴が詰まってしまう事も関係しています。毛穴が詰まってしまうのを防ぐためには毎日のシャンプーが重要になってくるのですが、シャンプーならしっかり毎日行っているという方がほとんどではないでしょうか。それでもAGAが進行してしまうのは、それ以上に皮脂の過剰分泌があるためです。

 

皮脂は本来の肌を外部からの刺激から守るバリア機能があるもので、肌の潤いをキープするために必要なものです。

 

これを取りすぎてしまうと、肌がカサカサしてフケが多くなりますし、細菌などに感染して炎症を引き起こしやすくなってしまうのです。ですが、それも限度というものがあり、やはり皮脂が過剰分泌されれば毛穴が皮脂で埋まってしまいます。そして皮脂により炎症を引き起こしてしまう事もあり、頭皮環境が悪くなってしまうのです。

 

しかも、皮脂が過剰分泌されるだけならまだしも、粘度の高い皮脂になってしまうと、普通のシャンプーでは綺麗に落としきれなくなってしまう事もあるのです。

 

実際、AGAになりやすいタイプとしては、乾燥肌の方よりも脂性肌の方が圧倒的に多いのです。このことからもAGAと皮脂の過剰分泌がかなり深い関係にあるのもうなずけるでしょう。

 

そして、育毛シャンプーなどはその余分な皮脂を取り除くことが目的になっていますし、理美容室や育毛サロンでおこなわれるヘッドスパも余分な皮脂を取り除いて頭皮環境を整えることを目的としているのです。

遺伝

AGAになる主な原因であり、根底にあるのはやはり遺伝です。実際に、自分の兄弟や親戚にAGAの方が多い家庭ではやはりAGAになりやすい傾向にありますし、誰ひとりとしてAGAの方がいないという家庭なら、AGAになりにくい傾向にあります。

 

AGAの原因にはケア不足や運動不足なども関係していますが、いくらシャンプーをおろそかにして不潔にしていたとしても、AGAにならない方はいるものです。逆に若い頃から一生懸命ケアをしてるのにAGAになってしまう方はいるもので、それはまさに遺伝による原因が多いでしょう。

 

ただ、遺伝といっても厳密に言えばAGAになる、AGAにならないという事が遺伝するわけではありません。AGAになりやすい体質や嗜好、性格などが遺伝するのです。例えば、AGAは皮脂の過剰分泌も大きな原因の一つになっていますが、脂性肌が遺伝するということがあります。

 

また、ストレスも原因ですが、ちょっとしたことでも神経質になってしまう、ネガティブに考えてしまうという性格も遺伝でしょう。そして食生活も大きな原因になりますが、やはり家族で同じ食べ物を食べていることでAGAになりやすくなってしまうこともあるのです。

 

つまり、遺伝でAGAになりやすい人でも、対策次第ではAGAの進行を抑えられる、極端な場合AGAにならずに済むこともあるのです。脂性肌なら、しっかりと頭皮ケアをして皮脂や老廃物が毛穴に詰まらないようにすればいいですし、食生活も見直して髪にいい栄養を取り入れることでも効果があります。性格はどうしようもありませんが、ストレス発散させる方法を考えるだけでも効果があるかもしれません。

 

M字はげ 治療