精神疾患の1つトリコチロマニア

精神疾患の1つにトリコチロマニアという病気があります。聞きなれない名前ですが、日本語では抜毛症といわれるものです。症状としては自分で毛を抜いてしまう癖があり、その部分の毛がなくなってしまうというものです。原因は日常的にストレスを抱えている子供に多く発症するものです。

 

ストレスが要因となる円形脱毛症と同様にされてしまう場合がありますが、円形脱毛症はストレスによって勝手に毛が抜けてしまうというものでトリコチロマニアは精神障害により自分で毛を抜いてしまうというものです。

 

円形脱毛症はストレスが無くなると自然治癒することが多いですが、比較的深刻な状況のトリコチロマニアは専門医のカウンセリング治療が不可欠です。

 

無意識に抜いてしまうので自分ではただの癖だと思うことが多く病気だと認識されることがあまりありません。症状がひどくなると若ハゲのようにおでこや頭頂部に毛が全くなくなってしまったり、合併症状の食毛症を発症してしまう恐れもあるので周りの大人が良く子供の行動を見ておく必要があります。

 

最近では大人の女性にも多く発症していることがわかってきました。こちらも無意識の行動ですから全体的に薄くなる若ハゲではなく女性なのに男性の若ハゲのようなおでこの生え際や頭頂部の脱毛を発見したらトリコチロマニアを疑ってみてください。

 

精神疾患にかかっているという認識をきちんと持って専門外来を受診し、確実に治療するようにしましょう。